冷え症改善サプリメントランキング最新版

冷え症を改善!サプリメントのおすすめ

冷え性の損

images (6).jpg
皆さんは冷え性なんてたいした事ないと思っていませんか。ところが体が冷えるか、温まるかで、大きな差が生まれるのです。体が温かいということは、血液循環が良いということで、酸素や栄養を手や足の先まで行き渡らせ、更に二酸化炭素や老廃物を排出していることになります。その運んでいるのが血液ですから、肝臓で温められた血液を体全体に運んでいるということです。

体温というのは全身で一定ではなく、肝臓、心臓、手足、お腹というように部分によって異なり、血液の需要が多い所ほど体温は高くなるということになります。手足は内臓に比べて重要度は低いので、血液循環が悪くなった場合1番最初に切り捨てられる場所なのです。ですから手足が温かいということは、血液循環が良く体がうまく機能しているという1つの指標になります。

免疫力が高いということは、風邪を引きにくくなるのはもちろん、他の様々な病気に対しても抵抗性が高いということになります。体温は自律神経と重要な関わりを持っていて、交感神経が優位な状態(ストレスが多く緊張が激しい状態)だと体温は下がってしまい、副交感神経が優位な状態(リラックスした状態)だと体温は上がります。交感神経が優位の状態だとリンパ球も多くなるので免疫力は上がります。

体温が高いということは元気な証拠ではありますが、この交感神経・副交感神経に関しては、ちょっとした事で変化を及ぼすものなので、ストレスを受けやすい生活をしている現代の人にとっては大変な事かもしれません。酵素が良く働くということは、化学反応がスムーズで代謝が活発に行われているという証拠です。

人の体は様々な化学反応の連続で動いています。物を食べてから、それをエネルギーにし、そのエネルギーを使って頭やその他、内臓や体全体の筋肉などを使う時も、酵素という化学反応を助ける触媒が働いてこそ機能するわけです。酵素は37℃前後で1番働きが良くなります。

そこから体温が1℃、2℃と下がるごとに働きが悪くなり、そうなると化学反応も起こりにくくなるわけですから、体のあちこちで代謝が悪くなるということになります。体温が高く代謝がスムーズであれば代謝できなかった栄養分を脂肪にしてしまうこともないわけです。

冷え性は寒い季節になれば当たり前と思っている人も多い事でしょう。ですが日常のちょっとした事で、冷え性から抜け出す事は出来るのです。
 

冷え性対策のストレッチ


寒さが厳しくなるにつれ、手足や腰の周りの冷えや、お腹の痛みといった冷えの症状を訴える人が増えてきます。そのまま放っておくと、頭痛や肩こり、便秘、不眠や肌荒れ、生理不順など様々な症状となってあらわれてきます。冷えは血行不順が原因で起こります。

その原因の元となるのが、運動不足や自律神経の不調、貧血、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。また無理なダイエットによっての栄養不足や栄養の偏りなども冷えを招く原因です。ではこのような症状を軽減するにはどうすればいいのでしょうか。

まずはストレッチで体を動かす事から始め、かたまった筋肉などをほぐし、血液の流れを良くしていきましょう。そしてそこから更なる運動を加えて筋肉を鍛える事で、血液の循環を良くしていき、冷えの改善を目指しましょう。最初の段階ではまずストレッチをする程度で、筋肉をほぐすのと、血液の流れを良くする事を目的としましょう。

家出できる運動を毎日続ける事は、血流を良くするだけでなく、自律神経の働きを正常化します。心臓から遠い手や足の末梢部分は血が届きにくく、冷えやすいのでストレッチは重要です。手足を中心にストレッチを行うようにして、冷えを解消しましょう。手足の冷えで寝られないなどの悩みがある人は、お風呂上りや寝る前にストレッチをすると効果的です。

いくつかストレッチをご紹介しましょう。

まずは足首のストレッチです。
・床に両足を伸ばして座り右足を曲げて左足に乗せます。
・左手の指と右足の指を組んで、右手で右足首を持って固定します。
・その状態から右足首をゆっくりと回します。(反対の足も同じようにします)
脚・腰のストレッチ
・床に両足を伸ばして座り、右足のかかとを左脚の股関節に近付けます。
・左手で左足のつま先をつかみ、息を吐きながら上体をゆっくりと前に倒していきます。
・伸ばした足の裏側がしっかり伸びているのを感じる所でキープしてください。
(反対側も同じようにします。無理に形にこだわらずに、出来る範囲でしてください)
足のストレッチ
・裸足になり、足を伸ばして座ります。
・両足の指を大きく開いたり、ギュッと縮めたりを繰り返します。
・余裕があればグー、チョキ、パーを作って繰り返してみましょう。

以上はどれも血行が促進されるストレッチです。他にも色々ストレッチはありますが、まずは1度試してみてはいかがでしょうか。
 

大豆イソフラボンでホルモンバランスを維持する


大豆イソフラボンというのは、ホルモンバランスの調節をしやすい成分だといわれており、とても有名ですよね。大豆に含まれている独自成分となっており、大豆製品であるきな粉や豆腐などにも、大豆イソフラボンがたくさん含まれています。女性ホルモンを補ってくれる作用がありますから、ホルモンバランスが乱れがちで悩んでいる女性から人気が高いです。

また、大豆イソフラボンが含まれている大豆というのは、カロリーが少なく、なおかつたんぱく質が高いですから、ダイエットをしたい人にもオススメになっています。食事制限をしながらダイエットをしている場合、必要な栄養素を摂取することができずにホルモンバランスが乱れやすくなります。

そのホルモンバランスを保ってくれるため、大豆イソフラボンは有効になっているのです。ただし、大豆の胚芽にたくさん大豆イソフラボンが含まれていますが、大豆製品は胚芽を除去して製品化されているということもあります。ですので、大豆自体を食べるようにしたほうが、効率よく大豆イソフラボンを摂取することが可能でしょう。

この他にも、大豆イソフラボンが配合されているサプリメントを摂取するという方法もあります。大豆イソフラボンが配合されているサプリメントの中で、イソラコンという商品の人気が高いです。胚芽部分もちゃんと原料として使われていますし、アグリコン型という吸収されやすいタイプになっていますから、大豆イソフラボンを摂取しやすくなっているのです。参考にホルモンバランスを整えるサプリメント!

すっぽんで寝れなくなるって本当?


すっぽんを食べると夜なかなか寝ることができなくなるという話を聞いたことがないでしょうか?このすっぽんというのは、滋養強壮作用があるため、活力が湧いて、夜寝ることができなくなってしまうという話は結構有名なのですが、本当に寝ることができないのでしょうか?

すっぽんは高級食材になっていますから、食べたことがある人はあまりいないと思います。ですので、本当に寝ることができなくなるのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

すっぽんを食べることで精力が尽きますから、眠気が冷めやすいというのは実際にあります。その人の体質などによっても異なりますが、すっぽんを食べた直後に活力が出てきたという人もいます。

ですが、効果が効きすぎてしまって、寝ようとしても眼が冴えてしまうほど効果が現れる人というのはあまりいません。本当に寝ることが難しくなるくらい元気になってしまうのであれば、普段からすっぽんを食べることは難しいですよね。

いくら活力が出たとしても、睡眠ができなくなってしまうのであれば、結局のところは体を壊してしまうことになりますし、疲れも溜まってしまうことになります。ですので、すっぽんを食べることで寝れなくなるという話は、実際のところほとんどないと思っておいていいかと思います。

すっぽんを食べたことがある人の体験談を聞いてみても、すっぽんを食べた当日に熟睡することができたという人が多いです。

体力があまりない人の場合、寝ようとしても寝ることが出来なかったり、快眠をすることができないということが多いのですが、すっぽんを食べたことで精力が高まり、熟睡出来たという人のほうが多いのが実情です。

ですので、寝つきが悪くて悩んでいる人にとって、すっぽんは効果が期待できると考えることができます。

すっぽん自体を食べることは難しいかもしれませんが、すっぽんが原料として使われているすっぽん サプリを服用することで、すっぽんに含まれている成分を毎日摂取することが可能になります。